初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カワサキ:A.ウエストが今季最高位でフィニッシュ

カワサキ:A.ウエストが今季最高位でフィニッシュ

両雄が揃って好パフォーマンスを披露。ウエストが自己最高位となる5位でフィニッシュして、チームの期待に応えた。

A.ウエスト:決勝レース‐5位

「5位フィニッシュは感動的だ。僕たちにはその能力があることを証明した。」

「スタートは良かったけど、数ラップ後には6位まで落ちてしまい、ドライでセッション時間が少なかったから、上位争いができないと恐れたけど、レースが進むと同時に自信も大きくなり、ジョンに近づくことができ、中盤には4位になった。」

「グリップのレベルが終盤に向けて低下したから、シンヤを抑えることができなかった。」

「ここ数戦、バイクに乗り心地が良くなっている。ブリヂストンは大きなアドバンテージを与えてくれた。僕は全力で戦わなければいけなかった。数ラップはサインボードを見なかった。コーナーの立ち上がりで十分なスピードがないから、やるべきことが沢山ある。」

J.ホプキンス:決勝レース‐11位

「がっかりだ。自信があった。僕たちは誰も選択していないリアタイヤを選んだ。スタート良く、スズキのライダーたちと3位争いをした。不運にも、タイヤのグリップが失われて行き、左側はほとんどグリップがなかった。普通はこの状況に立ち向かうことができるけど、病み上がりの膝で、トラクション不足をリカバーすることができなかった。」

「タイヤがいい状態な時、僕たちが強かったのはポジティブなことだから、これがテストの目標となる。負傷で失われた走りを取り戻し、今日の問題を解決しないと。アンソニーを祝福したい。彼にはこの結果が相応しい。」

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›