初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブルノ合同テスト最終日

ブルノ合同テスト最終日

MotoGPの合同テスト最終日は19日、第12戦チェコGPの舞台だったブルノで行われ、ケーシー・ストーナーが驚速タイムを叩き出した。

気温26度。路面温度38度のドライコンディションの中、テスト初日にサーキットレコードラップ(1分57秒199)を0.938秒更新したストーナーは、3ラップ目から1分56秒台のリズムで周回すると、17ラップ目にはサーキットベストラップ(1分56秒191)を上回る1分55秒904を記録した。

そして、15時46分。1本目の予選タイヤで、1分55秒855の驚速を記録。2日間の合同テストを制した。

バレンティーノ・ロッシは、ブリヂストンタイヤと電子制御のプログラムを継続。レースタイヤで1分56秒台を6度記録すれば、チームメイトのホルヘ・ロレンソは、ミシュランのリアタイヤだけに集中した。

リズラ・スズキの両雄、ロリス・カピロッシとクリス・バーミューレンは、開発中の09年型プロトタイプをテスト。テストライダーの青木宣篤が、15時からバーミューレンに代わって、テストに取り組んだ。

中野真矢は、大量のブリヂストンタイヤをテスト。ニッシンが準備したフロントブレーキも試した。

ブルノ合同テスト最終日のリザルト

1.C.ストーナー:1分55秒855(周回数:40ラップ)
2.V.ロッシ:1分56秒613(66ラップ)
3.L.カピロッシ:1分57秒132(63ラップ)
4.C.バーミューレン:1分57秒483(66ラップ)
5.中野真矢:1分57秒559(65ラップ)
6.J.ロレンソ:1分57秒600(32ラップ)
7.N.カネパ:1分57秒639(71ラップ)
8.J.トーズランド:1分58秒007(60ラップ)
9.O.ジャック:1分58秒483(46ラップ)
10.M.メランドリ:1分58秒927(31ラップ)
11.A.ウエスト:1分59秒010(70ラップ)

サーキットベストラップ:2006年V.ロッシ‐1分56秒191
サーキットレコードラップ:2008年C.ストーナー‐1分57秒199

Tags:
MotoGP, 2008, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›