初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ルーキーズ・カップ第8戦レース2:アメリカ人ライダーがタイトル獲得

ルーキーズ・カップ第8戦レース2:アメリカ人ライダーがタイトル獲得

今季最終戦となったレッドブル・MotoGP・ルーキーズ・カップの第8戦の決勝レース2で、アメリカ出身のヤングライダーがタイトルを獲得した。

レッドブル・MotoGP・ルーキーズ・カップの第8戦チェコ・ラウンド決勝レース1は17日、ブルノで行われ、ストゥルラ・ファーガーバーグ(ノルウェー)が初優勝。JD.ビーチ(アメリカ)がタイトルを奪取した。

前日レース1の順位でスターティンググリッドが決定。2番グリッドのファーガーバーグと3番グリッドのマシュー・ホイル(イギリス)が、ドライコンディションの中で優勝争いを展開。ファーガーバーグが0.336秒差で競り勝った。

22番グリッドのルイス・サロンが3位。今季5度目の表彰台を獲得すれば、レース1の勝者マシュー・ショルツ(南アフリカ)は7位。日本勢では、12番グリッドの日浦大治朗が8位。9番グリッドの篠崎佐助は19位だった。ポイントリーダーのJD.ビーチは、マシントラブルでリタイヤした。

チャンピオンシップは、開幕から5戦連続2位を獲得したJD.ビーチが149ポイントでタイトルを奪取。F1ドライバーのデビッド・クルサードからタイトルトロフィーが手渡された。

最多4勝のサロンは4ポイント差のランク2位。ファーガーバーグが7ポイント差のランク3位を獲得した。

日浦大治朗は、第4戦フランス・ラウンドを年齢制限のために欠場したが、ポイントリーダーから41ポイント差のランク4位に入った。篠崎は開幕戦の転倒が影響。ランク17位だった。

チャンピオンシップの上位10人は、インディアナポリスとバレンシアで開催される欧米の対抗戦『ライダーズカップ』に参戦する。

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›