初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ、ホームグランプリ前のアドリア海を航海

A.ドビツィオーソ、ホームグランプリ前のアドリア海を航海

ドビツィオーソは、地元グランプリを前に、アドリア海をセーリング。リラックスした時間を過ごした。

JiR・チーム・スコットのアンドレア・ドビツィオーソは、週末のホームグランプリ、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを前に、アドリア海でのセーリングを楽しんだ。

1980年代に船長としてコパ・アメリカに参加したシーノ・リッシの指導の下、カタマラン(双胴船)の舵を握った22歳のイタリア人ライダーは、「ヨットに乗ったことはあるけど、正直、あの体験は表面的だった。カタマランに乗ったのは初めて。アンドレア・ステラがデザインしたこの船をセーリングしたのは感激だ」と感想を語った。

「面白い。MotoGPとは違う。もっと学びたい。シーノ、アンドレアと一緒にセーリングしたいけど、レースでないほうがいい。船の上で2週間のバカンスを過ごしたい。」

昨年の同グランプリでは、トップ走行中にメカニカルトラブルに見舞われ、250ccクラスで2度目となるリタイヤを喫した。

「好リザルトを獲得するために、チームはモチベーションが高まっている。セッションは良かったけど、レースではトラブルの被害を受けたから、ミサノでは課題が残されている。」

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Andrea Dovizioso, JiR Team Scot MotoGP

Other updates you may be interested in ›