初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.バルトメリー、カワサキの来季のプロジェクトを説明

M.バルトメリー、カワサキの来季のプロジェクトを説明

カワサキは、来季からの3台目投入とメランドリ加入に関して、決定間近であることを認めた。

カワサキ・レーシングのコンペティション・マネージャー、ミシェル・バルトメリーは、来季のプロジェクトに関して、現状を説明した。

「来季、3台目の投入に関して仕事をしています。これは、我々の開発に役立ち、情報をもたらし、ホンダ、ヤマハ、ドゥカティが以前から使う手段に続きます」と、初日終了後に語った。

「今までの重要な問題は資金調達でしたが、来季から2年間資金面での支援者が見つかりました。」

「我々は3台目の投入を望み、支援者もカワサキに加わることができることを大変喜んでいます。我々は詳細を詰め、カワサキの社長に、どのように仕事に取り組みたいか説明しているところです。」

マルコ・メランドリの加入に関しては、「彼と合意のサインを交わす寸前です」と、基本合意に達し、詳細を詰めていることを認めた。

「合意を確認するために、多くの時間を費やすとは思いません。川崎重工業は大企業ですから、時間がかかっています。今朝、我々の社長と話しました。幾つかの質問がありましたが、全ては完璧でした。」

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›