初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、ハイリズムで初日制す

C.ストーナー、ハイリズムで初日制す

ランク2位のストーナーが、再び初日からライバルたちを圧倒する好リズムを刻めば、地元ロッシが2番手。中野は9番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。初日2度のセッションを制した。

気温32度。路面温度45度のドライコンディションの中、昨年ポール・トゥ・ウインを決めたストーナーは、午前の1分36秒台から1分35秒台にペースアップ。3度目の1分35秒台突破で、1分34秒806を叩き出した。

フリー走行1で5番手だったバレンティーノ・ロッシは、1分35秒台のペースに乗せ、0.418秒差の2番手に入った。

最多参戦となるロリス・カピロッシは、最多29ラップを走行して3番手。ブリヂストン勢が上位を占めれば、ミシュラン勢ではランディ・ド・プニエが4番手に進出。クリス・バーミューレン、ホルヘ・ロレンソ、アレックス・デ・アンジェリスが続いた。

午前のセッションで2番手だったコーリン・エドワーズは、タイム更新できずに8番手。初日総合で4番手だった。

サーキット近郊に活動拠点に置く中野真矢は、27ラップを走行。トップから1.294秒差の9番手。ジェームス・トーズランドがトップ10入りした。

右足負傷から復帰したニッキー・ヘイデンは、セッション終盤に転倒。11番手に入れば、ダニ・ペドロサは12番手だった。

ジョン・ホプキンスは、フリー走行1に続き、セッションをキャンセルした。

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP2

Other updates you may be interested in ›