初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、7戦連続のポールポジション奪取!

C.ストーナー、7戦連続のポールポジション奪取!

昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたストーナーが、レースタイヤと予選タイヤで圧倒的な速さを見せ、7戦連続のポールポジションを奪取した。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は30日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。第7戦カタルーニャGPからの連続ポールポジション記録を7つに伸ばした。

気温31度。路面温度46度のドライコンディションの中、初日に5年前に骨折した左手首を再び骨折してしまった22歳のオーストラリア人ライダーだったが、レースタイヤで1分34秒台のリズムで周回。予選タイヤに履き替えて、2度目のタイムアタックで、1分33秒378を叩き出した。

スペシャルヘルメットで登場した地元出身のバレンティーノ・ロッシは、1分35秒台のペースで走行した後、4度目のタイムアタックで1分33秒888を記録。0.510秒差の2番手につければ、ホルヘ・ロレンソがミシュラン勢トップとなる3番手。初優勝を飾った第3戦ポルトガルGP以来10戦ぶりとなる1列目を獲得した。

一番にタイムアタックを仕掛けたランディ・ド・プニエと前戦2位のトニ・エリアスは、それぞれ今季最高位となる4番手と5番手を獲得。ダニ・ペドロサ、クリス・バーミューレンが続いた。

中野真矢は、タイムアタック前に、レースタイヤで1分34秒924をマークしたが、予選タイヤでは1分34秒494。2戦連続の8番グリッドとなった。

ジェームス・トーズランド、コーリン・エドワーズがトップ10入り。負傷から復帰したニッキー・ヘイデンは16番手。初日をキャンセルしたジョン・ホプキンスは17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP

Other updates you may be interested in ›