Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ、2日目も好発進

G.タルマクシ、2日目も好発進

暫定ポールポジションのタルマクシが、3連続トップタイム。2日目も好発進した。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ガボール・タルマクシがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度24度のドライコンディションの中、初日2度のセッションを制したタルマクシが、好リズムで周回を重ね、暫定ポールタイム(1分44秒719)を0.940秒短縮。初めて1分44秒台を突破する1分43秒779を記録した。

ランク2位のシモーネ・コルシは、最多23ラップを走行。0.456秒差の2番手に入れば、ニコラス・テロール、アンドレア・イアンノーネ、ポル・エスパルガロ、ステファン・ブラドルが続いた。

ポイントリーダーのマイク・ディ・メッリオは、0.822秒差の7番手。エステベ・ラバット、マルク・マルケス、サンドロ・コルテセがトップ10入りした。

暫定4位のブラドリー・スミスは12番手。暫定2位のスコット・リーディングは19番手。中上貴晶と小山知良は、23番手と31番手だった。

Tags:
125cc, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP2

Other updates you may be interested in ›