初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チーム、最高峰参戦に向けてカワサキと合意間近

アスパル・チーム、最高峰参戦に向けてカワサキと合意間近

アスパル・チームは、最高峰クラス初挑戦に向けて、カワサキとの交渉が進展していることを認めた。

アスパル・チームのチームマネージャー、ホルヘ・マルティネス・アスパルは、最高峰クラス初参戦に関して、カワサキとの間で合意が近いことを説明した。

「カワサキとの交渉は大きく進んでいます。日本側は3台目のマシンを投入するオプションを検討しています」と、2009年からの最高峰クラス初挑戦が現実化して来たことを認めた。

「我々はトニ・エリアスとも話しをしました。彼は有力候補の1人です。ここ数日間、もしくはインディアナポリスの時に、マシンとライダーが確認できるかどうか、指を交差して待ちます。」

起用ライダーの最有力候補だったアルバル・バウティスタは、決勝レース前に、同チームに残留する意志を伝えた。

「今週末は特別でした。金曜に私の誕生日を祝い、アルバロとガボールが優勝しました。しかし、ベストニュースは、アルバロとの延長契約です。彼はもう1年マプフレ・アスパル(250ccチーム)で走ります。私にとって、これが一番嬉しいことでした。」

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Alvaro Bautista, Toni Elias, Bancaja Aspar Team

Other updates you may be interested in ›