初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ&ミシュラン、残りのシーズンに関して合意を発表

ホンダ&ミシュラン、残りのシーズンに関して合意を発表

ミシュランとホンダは、ペドロサにタイヤを供給しないことで合意に達したことを発表した。

ミシュランは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レース終了後、ホンダとの間で、残りのシーズン関する合意について、プレスリリースを次のように発表した。

「ホンダとミシュランは、24年間、モーターサイクルレースの最も高いレベルにおいて、共同で働いてきました。2つの企業が共同で、最高峰クラスにおける14度の世界タイトルを獲得しました。」

「2つの企業は、ライダーとタイヤの関係において、重要なフィーリングを全面的に理解しています。」

「シーズンをエクセレントなスタートで切り、チャンピオンシップのリーダーになりましたが、ここ数戦の間に、ダニ・ペドロサはミシュランが彼に供給したタイヤを好みませんでした。」

「ホンダとミシュランは、タイヤのテクニカルポテンシャルをフルに発揮することができるためには、ライダーの信頼感が最大でなければいけないと信じています。」

「このような状況により、ホンダとミシュランは、ダニ・ペドロサが残りの2008年シーズンにミシュランタイヤを装着しないことを決定しました。」

「ペドロサは、『僕の要求に応じてくれ、全面的に理解してくれたミシュランとホンダに感謝する。ミシュランタイヤに関してネガティブな発言をしたにも関わらず、ミシュランがシーズンスタートの際に、素晴らしい支援をしてくれたことを自覚している』と、コメントしました。」

「ホンダとミシュランは、2009年において、複数のタイヤメーカーの参戦というレギュレーションが継続されることを期待します。ミシュランは、レプソル・ホンダのもう1人のライダーに、残りの2008年シーズンにおいて、タイヤの供給を継続します。」

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›