初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トップ3のコメント

トップ3のコメント

ミサノで初優勝したロッシは、レース前にプレッシャーがあり、ストーナーを捕まえることができたか分からなかったことを認めた。

V.ロッシ:(決勝レース‐優勝)

「すごく興奮している。疲れてもいる。大勢の家族と友人たちがここ来て、いなかったのは愛犬だけ。レース前にプレッシャーがあった。ナーバスで、セッションではセッティングの問題があった。レース用に調整して、暑さで少しリズムが低かった。直ぐに1分34秒台に入った。これが目標だったけど、ダニとのバトルで少しタイムロスしてしまった。ケーシーはプッシュしていたけど、それほど僕から離れていなかった。レースは長く、彼を捕まえられたか分からない。彼がレースから離脱した時、タイトルのオプションにとって、とても良いと考えたけど、ロレンソがリズムを落とさなかったから、まだプッシュしなければいけなかった。レースに勝ち、ムジェロのような気分だ。」

J.ロレンソ:(決勝レース‐2位)

「4ヶ月ぶりに表彰台に戻れて嬉しい。ストーナーが転んで、僕は勝ちたかったけど、バレンティーノを追いかけることは難しかった。彼を捕まえるには、リスクを犯さなければいけなかった。最後は自信を得て、2位で終わることを選んだ。ルマンのように、1・2フィニッシュで嬉しい。」

T.エリアス:(決勝レース‐3位)

「もう一度表彰台を獲得できて、すごく幸せ。困難な中で始まったけど、いい解決が見つかった。週末を表彰台で締めくくれて、完璧だ。来季に関しては、僕は自由になったから、誰か僕を起用しないかい!」

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›