初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ、将来につながるレースだったことを強調

ドゥカティ・マールボロ、将来につながるレースだったことを強調

ストーナーは来年に向けて気持ちを切り替えれば、メランドリは今季最高のレースで自信を掴んだ。

C.ストーナー(決勝レース:転倒リタイヤ)

「週末は僕たちの高いレベルを証明したのに、このような形で終わってしまったのは、本当に残念。」

「今朝、レースタイヤで1周することを決めた。昨年も同じことをやり、何も問題がなかったけど、今日は1ラップ目からグリップが同じではないことに気づいた。」

「その後、好感触と自信を持ち始めた。特にプッシュしていなかったが突然に。予測なしだった。」

「残念。本当に残念だけど、全力を尽くし、速く、グレートなバイクで、素晴らしいタイヤであることを証明したのは確かだ。今は将来を見ているから、これは来年に向けて自信となる。」

「手に関しては、問題が起きてしまったことに喜んでいないけど、手術を受けるには、シーズン末まで待たなければいけない。」

M.メランドリ(決勝レース:9位)

「スタートはすごく良かったけど、2コーナーでバーミューレンが前にいて、塞がれてしまい、転びそうになったから、大きくポジションを落としてしまった。」

「序盤からバイクのフィーリングがすごく良かった。デ・アンジェリスを抜いたけど、彼はもしかしたら直ぐに抜き返したかったかもしれない。難しいコーナーで、僕にぶつかり、コースアウトしそうになり、さらに大きく後退してしまった。」

「少しずつ挽回してけど、前ノグループとのギャップが大きく、ベストリザルトに向けてバトルすることができなかった。最終的なポジションはブルノよりも悪いけど、序盤から自信が持てる方向性は見つかったから、レースは良かった。」

Tags:
MotoGP, 2008, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Marco Melandri, Casey Stoner, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›