初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM、M.カリオとの延長契約を熱望

KTM、M.カリオとの延長契約を熱望

バートルは、2人が接触リタイヤしたレースを振り返った後、カリオを来季も継続起用する考えを示した。

レッドブル・KTMのマネージングディレクターであるハラルド・バートルは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP終了後、両ライダーを接触転倒したレースを振り返った。

5番グリッドの青山博一と10番グリッドのミカ・カリオは、4ラップ目に接触転倒。「今日は好機がありましたが、時々このようなことが起こります」と、オーストリア人ディレクターは説明した。

「ヒロは走行ラインを若干変更したようです。ミカは、もしかしたら近づき過ぎたかもしれません。幸運にも、シモンセリは6位でフィニッシュしました。」

「タイトル争いが続けられるようにトライします。新しいことをトライするために、もしかしたら、インディアナポリスに幾つか変更するかもしれません。」

ランク2位のカリオは、来季からの最高峰クラス参戦の意志を表したが、KTMは延長契約を提示したことを認めた。

「我々は彼を再度起用しようとしていますが、ミカ本人からMotoGPクラスへのステップを探していると聞きました。現状では、彼から明白な返答をもらっていません。」

「優秀な250ccライダーたちは既に契約下にあり、我々のオプションを確認しなければいけません。」

Tags:
250cc, 2008, Mika Kallio, Red Bull KTM 250

Other updates you may be interested in ›