初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アリチェ・チーム、T.エリアスの継続起用に前向き

アリチェ・チーム、T.エリアスの継続起用に前向き

ドゥカティのサテライトチームは、来季の体制に関して、エリアスの延長契約を前向きに検討。ギュントーリの継続参戦は可能性が低いことを認めた。

アリチェ・チームの代表であるパオロ・カンピノティは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP終了後、トニ・エリアスの継続起用に関して検討していることを認めた。

第10戦ドイツGPの際に、ドゥカティからニューパーツが投入され、それまでの仕事の成果が成績に反映されてきたスペイン人ライダーは、後半戦に入り、2戦連続の表彰台を獲得。来季に向けて、状況が一転した。

ルイス・ダンティーンに代わって、チームを指揮するカンピノティは、「現在は良好な状態です。将来もこの調子を継続できることを期待します。トニはレース毎に良くなり、今回はすごく良かったです。この方向が継続することが重要です」と、エリアスのパフォーマンスを賞賛した。

「トニはバイクを信頼し、本当に良くなっています。シーズン序盤に問題があることは通常のことで、今後もこの調子が続くことを期待します。」

エリアスは、同グランプリ直前に、チームから来季の契約に関して、白紙であることが告げられたことから、「僕は自由の身。もし、僕が欲しいところがあれば」と、レース終了後に売り込みを開始した。

チーム代表者は、この発言に対して、「状況は明白ではありません。トニを確保するために可能なことを尽くしています」と、延長契約の意志があることを認めた。

「もう1人のライダーに関しては、決定するには時期尚早です。シルバン・ギュントーリが継続する可能性はそれほど高くありません。」

Tags:
MotoGP, 2008, Toni Elias, Alice Team

Other updates you may be interested in ›