初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スミス、チームに捧げる表彰台

B.スミス、チームに捧げる表彰台

スミスは、今季3度目の表彰台をチームに捧げ、軽量級での参戦継続を希望した。

ポラリス・ワールドのブラドリー・スミスは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで2番グリッドから2位フィニッシュ。シーズン3度目の表彰台を獲得した。

予選では今季常に上位に進出。4戦連続8度目の1列目から、ポールポジションのガボール・タルマクシを追い、中盤には一度トップに飛び出したが、終盤に引き離された。

「ここ数戦失望の結果が続いていたから、チームにとって、僕のとっても大切なレースだった。チームは全力で働いたから、この表彰台を彼らのものだ」と、17歳の英国人ライダーは感謝の言葉を送った。

「現王者とバトルした。彼はベストライダー。彼に追いかけるために、懸命にプッシュした。今回の経験を、僕たちにとって未知なサーキットデあるインディアナポリスで活かしたい。」

残り5戦となった今季。複数のチームから獲得の打診を受けているが、「125ccクラスに残りたい。まだまだ沢山勉強することがある。今は待機の状態。どうなるか見てみよう」と、軽量級に残留する意志を認めた。

Tags:
125cc, 2008, Bradley Smith, Polaris World, Polaris World

Other updates you may be interested in ›