初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、ライバルたちとのバトルを語る

H.バルベラ、ライバルたちとのバトルを語る

3位表彰台を獲得したバルベラは、シモンセリとパシーニとのバトルを振り返った。

チーム・トスのエクトル・バルベラは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで、今季4度目の表彰台を獲得したが、ライバルたちとのバトルに注目が集まった。

「ナイスな表彰台だ」と、21際のスペイン人ライダーはレースを振り返った。「ナイスの表彰台とは、優勝した時、もしくは週末にいい仕事をした時のことだと思う。今回は、レースを仕上げるところで、(勝利が)手の中から落ちてしまった。」

「逃げようとしたけど、ハイリズムを維持できなかった。マルコ・シモンセリは僕を抜いたけど、逃げず、僕に嫌がらせをした。僕も彼もお互いに逃げることができず、コーナーではらんでしまった。」

「僕を悪質に抜き、僕もそのように抜き返した。ある周回では3回もお互いにやり合った。リズムが落ちたから、他のライダーたちが追いついた。」

「やりやったような形で、最終ラップに達したかった。バトルしたように、彼をクリーンに抜きたかったから、悪い感じがするけど、彼は走行ライン外でブレーキして、転倒した。」

マティア・パシーニとの接触に関しては、「残念。彼は扉を開け、僕はそこに突っ込んだ。僕のバイクがスリップに入っていることに気づいたはず。僕は開いた扉に入って行ったら、突然僕の走行ラインを閉めにかかった」と、説明した。

「レースでは起こること。僕の方は謝った。2人とも責任があるかもしれないけど、これがレースだ。」

Tags:
250cc, 2008, Hector Barbera, Team Toth Aprilia

Other updates you may be interested in ›