初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポラリス・ワールド、現体制を継続

ポラリス・ワールド、現体制を継続

スパニッシュチームは、来季も継続してパシーニとスミスを起用する方針を認めた。

ポラリス・ワールドのチームマネージャー、ホセ・マリア・デ・ラ・プエルタは、来年も今年と同じ体制で参戦することを説明した。

昨年チームを発足して、125ccクラスにマティア・パシーニを起用して参戦を開始。2年目の今年は、パシーニと共に250ccクラスにステップ。ブラドリー・スミスを召集して、125ccクラスに継続参戦している。

スペイン人マネージャーは、「アイディアは、同体制を継続することです。我々はチーム体制とリザルトに大変喜んでいます。2人のライダーたちとは来季も契約が残っていますので(2008年から2年契約)、何も起こらなければ、今年の体制を続けます」と、前戦終了後に語った。

「マティアとブラドリーに大変満足しています。マティアは250ccクラスのルーキー。ブラドリーは経験がありますが、他車に乗っていました。2人のリザルトに満足です。」

「ブラドリーはすごく速く、多くのセッションでそれを証明しましたが、不運と経験不足のレースがありました。まだ17歳。普通のことです。全体的には好シーズンを実現し、残りのレースで初優勝できることを期待しています。」

Tags:
250cc, 2008, Mattia Pasini, Bradley Smith, Polaris World, Polaris World

Other updates you may be interested in ›