Tickets purchase
VideoPass purchase

初セッションは8時30分にスタート

初セッションは8時30分にスタート

雨で迎えられた初セッションに素早く適応したのは、雨の上海を制したイアンノーネ。日本勢にとっては厳しいスタートとなった。

第14戦インディアナポリスGPのフリー走行1は12日、インディアナポリスで行われ、アンドレア・イアンノーネがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度20度のレインコンディションの中、初セッションが8時30分から9時15分までの45分間実施された。

初体験のコースに素早く順応したのは、今年の上海で、ウェットレースを制したランク10位のアンドレア・イアンノーネ。2分02秒779を記録すれば、ルーキー部門1位のスコット・リーディングが0.651秒差の2番手に位置した。

前戦勝者のガボール・タルマクシは、0.702秒差の3番手。今季最高のパフォーマンスを見せたロレンソ・サネティは1.752秒差の4番手だった。

ポイントリーダーのマイク・ディ・メッリオは、2.809秒差の5番手スタート。ステファン・ブラドル、サンドロ・コルテセ、ニコラス・テロール、エフレン・バスケス、ラファエレ・デ・ロサがトップ10入りした。

日本勢では、中上貴晶がトップから0.226秒差の27番手。小山知良は14.713秒差の33番手だった。

Tags:
125cc, 2008, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›