初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ:ロッシ4番手、ロレンソ7番手スタート

フィアット・ヤマハ:ロッシ4番手、ロレンソ7番手スタート

ヤマハファクトリーの両雄は、期待していた以上に楽しいコースで、全体的にポジティブな印象を得たことを認めた。

V.ロッシ:(FP1:11位/FP2:4位)
「昨日は幾つか心配していたけど、コースはそれほど悪くない。実際に走ってみると、思ったよりも楽しかった。リオに似ている。幾つか問題があり、将来に向けて改善することができる。特に5コーナーと1コーナーだけど、現時点ではOKだと思う。」

「一番の問題は路面が違うこと。大きく違うのは新しい路面。乾きにくいようで、天候が悪化すると、難しくなるだろう。」

「ここにいることが最高で、今朝初めて歴史的なコースに飛び出した時には強烈な感動を得たから、雨が降ってしまい、本当に悲しい。日曜にはたくさんの人たちが来られるために、天候が回復することを願う。」

「僕たちはグッドなポテンシャルがある。もし、ドライならば速く走ることができるだろう。」

J.ロレンソ:(FP1:7位/FP2:7位)
「コースは思っていた以上に良くて、危険も少なくて嬉しい。壁が近いところもあるけど、全体的にはそれほど悪くない。」

「新しい路面はすごく滑りやすく難しい。水が溜まっているから、気をつけないと。その他はグリップがある。タイヤのバランスを見つけなければ。それが重要な課題だ。後半セクションは流れるようで、楽しい。僕のライディングスタイルに合っているには、思いがけない驚きだ。」

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›