初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、今季初のトップタイム

T.エリアス、今季初のトップタイム

2戦連続表彰台獲得で勢いに乗るエリアスが、トップタイムをマークすれば、ロッシは2番手。ストーナーはマシントラブルに見舞われた。

第14戦インディアナポリスGPのフリー走行3は13日、インディアナポリスで行われ、トニ・エリアスがトップタイムをマークした。

気温26度。路面温度24度。初日の雨の影響により、コースの一部が濡れたドライコンディションの中、後半戦に入り2戦連続して表彰台を獲得したエリアスが、最終ラップに1分43秒708を記録。今季初めてセッションを制した。

ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、終盤に2ラップ連続して1分43秒台を走行。0.072秒差の2番手に入った。

地元出身のニッキー・ヘイデンは、最多26ラップを走行。0.118秒差の3番手に入れば、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソ、アレックス・デ・アンジェリスのホンダ勢が続いた。

ワイルドカードのベン・スピーズは7番手。シルバン・ギュントーリ、ランディ・ド・プニエがトップ10入りした。

初日13番手だった中野真矢は、トップから1.439秒差の11番手に浮上した。

ケーシー・ストーナーは、セッション終盤にマシントラブルに見舞われ、17番手だった。

初日2度のセッションを制したアンソニー・ウエストは、3.237秒差の最後尾19番手だった。

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP3

Other updates you may be interested in ›