初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、2番手に浮上

青山博一、2番手に浮上

2番グリッドのバルベラがトップタイムをマークすれば、青山が2番手。高橋が5番手に浮上した。

第14戦インディアナポリスGPのウォームアップ走行は14日、インディアナポリスで行われ、エクトル・バルベラがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度25度のドライコンディションの中、2番グリッドのバルベラが1分45秒951の一番時計を記録すれば、5番グリッドの青山博一が0.206秒差の2番手に浮上。アレックス・デボン、アルバロ・バウティスタが続いた。

11番グリッドの高橋裕紀は、0.594秒差の5番手。ポールポジションのマルコ・シモンセリは、アレックス・エスパルガロに次ぐ7番手。フリアン・シモン、エクトル・ファウベル、ラタパー・ヴィライローがトップ10入り。ミカ・カリオは14番手だった。

Tags:
250cc, 2008, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›