初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

E.ラヴァティ、骨折で決勝レース欠場

E.ラヴァティ、骨折で決勝レース欠場

初日に好パフォーマンスを見せたラヴァティは、転倒した際に両足を骨折した。

ブルセンス・アプリリアのユージェーヌ・ラヴァティは、公式予選2で転倒を喫した際に両足を骨折。決勝レースを欠場することとなった。

雨の公式予選1では、キャリア最高のベストリザルトとなる暫定4位を獲得した北アイルランド人は、ドライコンディションの公式予選2で、ベストグリッドを狙ったが、2ラップ目の11コーナーで転倒。その際に、左足の第五中足骨、右足の親指を骨折した。

「昨日の作戦を繰り返すように、最初から速く走ろうとトライしたけど、プッシュし過ぎて、転んでしまった。上手く行っていたし、ビックなレベルで走れていただけに残念。ドライでの時間は僅かだったけど、すごくいい感触があった」と、22歳のラヴァティは振り返った。

「日本のレースに向けて、回復することが最優先事項だ。」

Tags:
250cc, 2008, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›