Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、4連勝でタイトル獲得に大きく前進

V.ロッシ、4連勝でタイトル獲得に大きく前進

大型台風アイクの影響を受けて赤旗中断となったレースは、最終的に安全面を考慮して中止となり、中断前にトップを走行していたロッシが優勝。今季4戦連続7勝目を飾り、3年ぶりのタイトル獲得に向けて、大きく前進した。

第14戦インディアナポリスGPの決勝レースは14日、インディアナポリスで行われ、バレンティーノ・ロッシが優勝した。

気温21度。路面温度20度のウェットコンディションの中、今季2度目のポールポジションからスタートしたポイントリーダーは、14ラップ目にトップに飛び出すと、レースをコントロール。レース中に雨風が強くなり、レースディレクションはラスト7ラップに赤旗を提示。レギュレーション上では再レースとなるが、安全面を考慮して、中止の決定が下った。

リザルトは、20ラップの順位が採用され、ロッシが4戦連続7勝目を獲得すれば、4番グリッドから序盤をリードしたニッキー・ヘイデンが地元で今季最高位となる2位。3番グリッドのホルヘ・ロレンソが3位表彰台を獲得した。

2戦連続してリタイヤが続いたケーシー・ストーナーは4位。アンドレア・ドビツィオーソ、ベン・スピーズ、シルバン・ギュントーリ、ダニ・ペドロサ、クリス・バーミューレン、アレックス・デ・アンジェリスがトップ10入り。17番グリッドの中野真矢は17位だった。

チャンピオンシップは、ロッシが287ポイントに到達。ランク2位のストーナーに87ポイント差。ランク3位のペドロサに94ポイント差とアドバンテージを広げた。

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›