初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、ホームグランプリに自信

D.ペドロサ、ホームグランプリに自信

新しいパッケージを経験したペドロサは、過去に好パフォーマンスを披露し、ホームとなる得意のモテギで上位進出を誓った。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第14戦インディアナポリスGPで、ブリヂストンタイヤを初装着。ニューマチックバルブエンジンを搭載したRC212Vも実践で初使用した。

8番グリッドから8位でフィニッシュした後、「異なる天候状況の中で沢山の仕事をしたインディアナポリスは、僕たちにとって重要な週末となった。難しい状況だったけど、新しいバイク、新しいタイヤで、ウェット、ドライの経験を積むことができた」と、ポジティブな印象を得て、今後につながることを強調した。

次戦は、ホンダとブリヂストンのホームグランプリ。過去には、125ccクラス(2002年)、250ccクラス(2004年)の優勝を含め、4度の表彰台を獲得。昨年はポールポジションからトップ走行中に転倒を喫していた。

得意の舞台での上位進出に向け、「収集したデータを活かすことができ、ホンダのホームレースで、グッドなリザルト獲得に役立ってくれることを期待する。日本のレースに大きな自信がある。モテギは好きなコースの1つだ」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2008, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›