初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、タイトルへのカウントダウン

V.ロッシ、タイトルへのカウントダウン

ポイントリーダーのロッシは、第15戦日本GPで今季13度目の表彰台を獲得すれば、最高峰クラス通算6度目のタイトル奪取となる。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第14戦インディアナポリスGPで4戦連続7度目の優勝を飾り、3年ぶりのタイトル獲得に大きく前進した。

次戦を前に、ランク2位とのアドバンテージは87ポイント差。ツインリンクもてぎで、今季13度目の表彰台を獲得すれば、自動的にタイトル獲得が決定する。

昨年初タイトルを獲得した舞台に臨む現王者ケーシー・ストーナーにとって、もし、5戦ぶり5勝目を獲得して、ロッシが0ポイントに終われば、ギャップが62ポイント差となり、母国グランプリとなる第16戦オーストラリアGPまで、タイトル争いが引き伸ばせる。

しかし、ストーナーが2位となり、ロッシが8位以内、8ポイント以上を稼げば、タイトル争いに終止符が打たれる。

さらに、ストーナーが3位となった場合には、ロッシは12位以内、4ポイント以上の獲得。ストーナーが4位の場合には、ロッシは僅か1ポイントの獲得で、タイトル奪回となる。

また、94ポイント差のランク3位ダニ・ペドロサも、タイトル争いのキーマン。この可能性は、ペドロサが優勝した場合には、ロッシはトップ10入り。ペドロサが2位の場合、ロッシはポイント獲得圏内でのゴールで十分とある。

Tags:
MotoGP, 2008, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›