初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀、2番手スタート

高橋裕紀、2番手スタート

高橋裕紀は今季最高の週末スタートとなる2番手に入れば、ポイントリーダーのシモンセリは11番手だった。

第15戦日本GPのフリー走行1は26日、ツインリンクもてぎで行われ、アレックス・デボンがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度24度のウェットコンディションの中、3年ぶりに同舞台に挑戦するデボンは1分56秒010の一番時計を記録した。

地元出身の高橋裕紀は、0.433秒差の2番手。今季最高のスタートを切れば、ミカ・カリオ、フリアン・シモン、アレックス。バンドリーニが続いた。

セッションをリードした青山博一は、最多の23ラップを走行。トップから1.916秒差の6番手。ロベルト・ロカテリ、エクトル・ファウベル、エクトル・バルベラ、アルバロ・バウティスタがトップ10入り。

ポイントリーダーのマルコ・シモンセリは、3.962秒差の11番手だった。

Tags:
250cc, 2008, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, FP1

Other updates you may be interested in ›