初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオがトップタイム

M.カリオがトップタイム

ランク上位3人がトップ3に進出すれば、青山は5番手。高橋は11番手だった。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行1は3日、フィリップアイランドで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度24度のドライコンディションの中、前戦の5位で40ポイント差のランク3位に後退したカリオは、1分33秒736の一番時計を記録。残り3戦での逆転に向けて、初セッションを制した。

前戦の優勝で一気にタイトル獲得に接近したマルコ・シモンセリは、0.180秒差の2番手。ランク2位のアルバロ・バウティスタは、0.407秒差の3番手だった。

青山博一は、最多の32ラップを走行。フリアン・シモンに次ぎ、0.542秒差の5番手スタート。高橋裕紀は、27ラップを走行。1.214秒差の11番手だった。

Tags:
250cc, 2008, AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›