初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ、トップに浮上

M.シモンセリ、トップに浮上

ポイントリーダーのシモンセリが、トップタイムをマークすれば、高橋は6番手、青山は11番手だった。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は4日、フィリップアイランドで行われ、マルコ・シモンセリがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度26度のドライコンディションの中、レインで暫定4位だったポイントリーダーは、安定して1分33秒台を刻み、1分33秒603の一番時計を記録した。

ドライのフリー走行1でトップだったミカ・カリオは、0.084秒差の2番手。レインのフリー走行2でトップだった暫定ポールポジションのアルバロ・バウティスタは、フリアン・シモンに次ぐ4番手。マティア・パシーニが続いた。

暫定7位の高橋裕紀は、0.459秒差の6番手に浮上。ロベルト・ロカテリ、アレックス・デボン、アレックス・エスパルガロ、ルーカス・ペセックがトップ10入り。転倒で暫定10位だった青山博一は、0.989秒差の11番手だった。

Tags:
250cc, 2008, AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›