初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ディ・メッリオ、タイトル獲得に向けてポール奪取

ディ・メッリオ、タイトル獲得に向けてポール奪取

ポイントリーダーのディ・メッリオが、全セッションを制して2戦連続のポールポジションを奪取。初タイトル獲得に向けて、大きく前進した。

第16戦オーストラリアGPの公式予選2は4日、フィリップアイランドで行われ、マイク・ディ・メッリオがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温17度。路面温度29度のドライコンディションの中、3度のセッションを制してきた暫定ポールポジションのディ・メッリオは、セッション序盤に1分37秒553の一番時計を記録。前戦日本GPに引き続き、今季2度目のトップグリッドを獲得。

明日の決勝レースで、ランク2位に14ポイント差以上のアドバンテージを広げれば、タイトル獲得となる。

フリー走行2で2番手に浮上していたブラドリー・スミスは、0.238秒差の2番手。ステファン・ブラドル、ニコラス・テロールが1列目を獲得した。

ランク2位のシモーネ・コルシは、アンドレア・イアンノーネ、サンドロ・コルテセ、ラファエレ・デ・ロサに続く8番手。ガボール・タルマクシ、ドミニケ・エンジャーターがトップ10入り。暫定29位の中上貴晶は、トップから2.927秒差の27番手だった。

Tags:
125cc, 2008, AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP2

Other updates you may be interested in ›