初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、退院&帰国

H.バルベラ、退院&帰国

宇都宮市内の大学病院で入院していたバルベラは、退院して、バレンシアに向けて帰国便に乗り込んだ。

チーム・トス・アプリリアのエクトル・バルベラは、4日の早朝に入院先の大学病院を退院。午前中に帰国便に乗り込み、到着後は、そのままバレンシア市内の病院に入院する。

21歳のスペイン人ライダーは、第15戦日本GPのフリー走行2で転倒を喫した際に、第3、第4、第5胸骨を骨折。ヘルコプターで宇都宮市内の大学病院に運ばれ、入院していたが、医師団からの許可が下り、4日に退院することとなった。

3日には、スペイン連盟の手配により、バレンシアから医師と家族が、日本に到着。個人マネージャーと共に、4日の午前中に一般旅客機で成田からスペイン・マドリッドまで飛び、そこから救急車で、バレンシア市内の病院に直接入院する手配が整っている。

「回復しているのを感じる。検査結果はポジティブ。僕を心配してくれた人たち、僕の帰国を助けてくれた人たちに感謝したい」と、バルベラは、退院前に感謝の気持ちを語った。

モビリティランドは、バルベラが転倒した時から、通訳を含めて全面的にバックアップしていた。

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›