初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ディ・メッリオ、5連続のトップタイム

ディ・メッリオ、5連続のトップタイム

ポイントリーダーのディ・メッリオが、決勝レース前までの全セッションを制した。

第16戦オーストラリアGPのウォームアップ走行は5日、フィリップアイランドで行われ、マイク・ディ・メッリオがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度18度のドライコンディションの中、ポールポジションを奪取したポイントリーダーは、安定した走行を見せ、1分38秒108の一番時計を記録した。

9番グリッドのガボール・タルマクシが、2度目のコースインで1分38秒前半のペースに乗せ、0.051秒差の2番手に浮上。ジョアン・オリベ、シモーネ・コルシ、ブラドリー・スミスが続いた。

8番手だったダニ・ウェッブは、1分38秒台のペースに進出した直後に転倒。鎖骨を骨折したために、決勝レースをキャンセルすることとなった。

27番グリッドの中上貴晶は、1分41秒台のペースで周回。トップから2.959秒差の26番手だった。

Tags:
125cc, 2008, AUSTRALIAN GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›