初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン:「バレンティーノを嫌いになったけど(笑)」

N.ヘイデン:「バレンティーノを嫌いになったけど(笑)」

右足負傷から回復したヘイデンは、安定して上位に進出。残り2戦で連続表彰台を狙うことを強調した。

レプソル・ホンダのニッキー・ヘイデンは、第16戦オーストラリアGPで今季2度目の表彰台となる3位を獲得。残り2戦で連続表彰台を狙うことを誓った。

2戦連続の1列目3番グリッドから好スタートを切ったアメリカ人ライダーは、「いいスタートで、1コーナーでトップに立てると考えた。ケーシーと少し一緒に走り、すごくいい感じだったけど、幾つか問題があり、コーナリングのスピードを維持できず、コーナーを強く立ち上がることができなかった」と、レースを振り返った。

「終盤、バレンティーノとのアドバンテージを維持するのが難しく、滑っていた。ミシュランが好んだタイヤが柔らか過ぎたかもしれないけど、セッションで好タイムを記録した唯一のタイヤだった。最後までプッシュした。抜かれた時には、バレンティーノを嫌いになったけど、楽しいレースだった。思いっきり楽しかった。」

サマーブレーク中に右足を負傷して、2戦に欠場したが、復帰してからは安定して上位に進出。残り2戦で、連続表彰台を狙う。

「コースでは100%だった。まだ、幾つかのトレーニングができないけど、足は問題がない。体調はいい。残り2戦だ。チームにとって、ハードなシーズンだったけど、僕は彼らを誇りに思う。物事が再び上手く行っているから、僕は表彰台を維持できるようにトライする。」

Tags:
MotoGP, 2008, AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›