初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、エンジントラブルでリタイヤ

青山博一、エンジントラブルでリタイヤ

エンジントラブルに見舞われてしまった青山だったが、次戦は昨年優勝したセパン。さらに、KTMとの契約交渉も順調に進んでいる。

レッドブル・KTMの青山博一は、第16戦オーストラリアGPでエンジントラブルに見舞われ、リタイヤを喫したが、昨年優勝を挙げている次戦に向けて、気持ちを切り替えた。

前戦日本GPに続き、2戦連続の1列目からスタート。「ホールショット獲れて、順調に行けるかと思ったのですが、どうも噛み合っていないようです」と、今季2度目の0ポイントレースを振り返った。

「3周目からエンジントラブルが出てしまい、なんとか最後まで走り切ろうと思いましたが、スピードが落ちてきてしまい、最後はもう走れない状態になってしまいました。」

次戦は昨年優勝したマレーシアGP。「僕自身は調子が上がってきています。次のマレーシアは得意のコース。バイクが走り、自分のレースをするだけです」と、気持ちを切り替えた。

6年目を迎える来季の就任に関しては、「まだ正式に発表できるまで決まっていませんが、今のチームと交渉しています。ハッキリと言える状態になった時に、発表します」と、KTMと4年連続の継続参戦に向けて交渉中であることを認めた。

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›