初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.プーチ、ペドロサとヘイデンを語る

A.プーチ、ペドロサとヘイデンを語る

アルベルト・プーチは、今季のペドロサを振り返るだけでなく、ヘイデンを厳しく批判した。

ダニ・ペドロサの個人マネージャー、アルベルト・プーチは、スペイン人ライダーのタイトル争い、タイヤ変更などを2008年シーズンに関して評価。チームメイトであるニッキー・ヘイデンの発言について、厳しく批判した。

ダニはタイトル獲得の有力候補でしたが、ランク2位獲得も難しい状況にあります。彼のシーズンを振り返ってください。
最初に、彼よりもベストなライダーがいたということです。そのことは疑いのないこと。手術を終えたばかりで、シーズンが始まりましたが、ドイツにはポイントリーダーとして臨みました。そこで、再び転倒、そして再び手術を受けました。シーズン半ばにリズムが断ち切れることになり、そこから、パノラマが変わってしまいました。数戦で多くのポイントとタイトル争いのオプションを失いました。

シーズン途中でタイヤメーカーを変更しました。その理由は?
我々が使用できるタイヤは高いレベルではなかったからです。今年、ミシュランを継続使用することに賭けたのは、ホンダとダニだけでした。ミシュランは我々に戦闘力のあるタイヤを約束してくれました。4戦までは戦闘力がありましたが、そこから、なぜだか分かりませんが、機能しなくなりました。ドイツで転倒する前からです。チャンピオンシップの制覇を希望する場合、最高の環境に囲まれることは、当然のことです。もし、そのことを理解できなければ、明白なアイディアを持つことはできません。ミシュランはできることをやったと思いますから、感謝しなければいけません。ダニも全力を尽くしましたが、十分ではありませんでした。

ボックス内を壁で仕切ることは、仕事をする上で最善ですか?
そうではないでしょう。イコールです。壁はタイヤメーカーのために強いられたもので、ヤマハが設置し、我々のチームも同じように設置しました。ダニはチームメイトのやることに注意したことが一度もありませんでした。この壁が存在する以前から、ボックス内での仕事は全く同じであり、ダニには影響が何もありませんでした。

ヘイデンは、複数のインタビューの際に、壁に関して不快を感じていることを説明しました。壁を設置したことにより、設置する前の協力関係が途絶えましたか?
彼はダニのテレメトリーとインフォメーションにアクセスできなくなったことから、不満だと、言うことができます。これらのインフォメーションによって、彼のライディングは大変向上しました。ダニの全てを参考にしたからです。今はそれができない。単純に、彼は決してセッティングができなかったから、コピーをしていました。プロフェショナルなライダーは、チームメイトからインフォメーションにアクセスできなくなったことで、かんしゃくを起こすことはできません。最善を追求することが仕事であり、他から求めることではないからです。誰もが、レースチームはサッカーチームのように機能しないことを理解しています。2人体制ですが、1人1人が戦い、メーカーは常にオプションの高いライダーに対して、支援をします。なぜなら、勝つのは、たった1人だからです。常にそうでした。これからもそうです。

ダニとヘイデンの関係は常に緊迫していました。今に始まったことではありません。
そうではありません。ダニがレースでミスを犯したポルトガルのアクシデントの後で全てが変わりました。ヘイデンは最終的にチャンピオンシップを制しました。ダニはバレンシアでやらなければいけないことやりました。彼をサポートしました。しかし、ヘイデンは否定しましたが、そこからめったに話すことはありませんでした。話しがある時には、ダニの周囲の人を使いしました。ポルトガル以降、言葉を交わしたのは2度ほどだと思います。だから、彼とは全く問題はないと偽善者のように振舞う必要はありません。

両者間のライバル関係は、言われているように強烈でしたか?
率直に、誰に対しても攻めるつもりはありませんが、ボックス内ではライバル関係はありません。ヘイデンは、ダニのMotoGPクラス1年目にタイトルを獲得しました。そこからは、再びリザルトを獲得しません。だから、ライバル関係はありませんでした。ダニは1人でクラスの経験を積み、ヘイデンは常に後方にいました。従って、彼は重要なライバルではありませんでした。

昨年末、ホンダとのコミュニケーションを改善しなければいけないことを強調していました。今年はどうでしたか?
我々としては、コミュニケーションとチームワークのレベルはエクセレントだったと思います。一歩前進した。チームマネージャーのヤマノは、決断力と説得力があり、我々にとっては非常に有益でした。

ヘイデンは来季ホンダから継続参戦しません。一方で、ダニは期待されていた目標を達成できませんでした。
確かにその通りです。我々もホンダも期待していたリザルトではありませんでした。ヘイデンに今年起こったことは、彼を無視していたことでした。ダニがリザルトを挙げなければ、彼にも同様なことが起こります。ホンダのようなメーカーにとって唯一価値があるリザルトは、当然、タイトルです。プロフェショナルなライダーであれば、誰もが知っていることであり、知らなければいけません。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›