初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、ライバル勢を抑えて初日制す

C.エドワーズ、ライバル勢を抑えて初日制す

ランク7位のエドワーズは、最終ラップにライバルたちを抑える一番時計を記録。ロッシ2番手。ストーナー3番手。中野は4番手だった。

第17戦マレーシアGPのフリー走行2は17日、セパンで行われ、コーリン・エドワーズがトップタイムをマーク。初日のセッションを制した。

気温32度。路面温度37度のドライコンディションの中、フリー走行1で4番手だったエドワーズは、最終ラップに2分03秒を初めて突破。2分02秒667の一番時計を記録して、初日総合のトップに立った。

フリー走行1でトップだったバレンティーノ・ロッシは、そのタイムを更新できなかったが、トップから0.171秒差の2番手に位置した。

昨年の勝者ケーシー・ストーナーは、コースインとアウトの繰り返しだったが、0.303秒差の3番手に入った。

午前8番手だった中野真矢は、ホンダ勢トップとなる4番手。ダニ・ペドロサ、ロリス・カピロッシ、アンドレア・ドビツィオーソ、ランディ・ド・プニエ、ニッキー・ヘイデン、ホルヘ・ロレンソがトップ10入り。ワイルドカードの青木宣篤は19番手だった。

Tags:
MotoGP, 2008, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›