初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、セッティングを元に戻してトップタイム

C.エドワーズ、セッティングを元に戻してトップタイム

エドワーズはシーズン序盤に好リザルトを獲得したセッティングに戻し、久々に好パフォーマンスを披露した。

テック3・ヤマハのコーリン・エドワーズは、第17戦マレーシアGPの初日総合でトップタイムをマーク。好発進した。

フリー走行1で4番手。フリー走行2で1番手だった34歳のアメリカ人ライダーは、「ある意味で、非常にがっかり。バイクのバランスが急激に変わったけど、新しいトリック教えることができない」と、初日を終えて振り返った。

「3年半の間、フロントフォークの特殊なセッティングを使った。その後にセッティングを変更して、グッドなリザルトを獲得したが、そこからフロントの問題が出始め、グリップを失った。」

「熟知しているセッティングに戻すべきだと考えた。すぐに乗り心地が良くなり、自然に走れるようになった。」

Tags:
MotoGP, 2008, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Colin Edwards, Tech 3 Yamaha

Other updates you may be interested in ›