Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、ブリヂストンで初のポールポジション奪取

D.ペドロサ、ブリヂストンで初のポールポジション奪取

ウェットからドライにコンディションが変わっていく中で、ペドロサが、今季2度目のポールポジションを奪取。中野真矢は15番手だった。

第17戦マレーシアGPの公式予選は18日、セパンで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。今季2度目のポールポジションを奪取した。

気温29度。路面温度31度。ウェットからドライへの路面コンディションが変わって行く中、昨年ポールポジションを獲得したペドロサが、最終ラップに2分01秒548を記録。ブリヂストンに履き替えてから、5戦目で一番時計を刻み、第5戦フランスGP以来となる今季2度目のトップグリッドを獲得した。

バレンティーノ・ロッシは、0.409秒差の2番手。3戦ぶり10度目の1列目を確保すれば、ホルヘ・ロレンソが5戦連続の1列目を獲得した。

2列目には、ニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズ、アンドレア・ドビツィオーソが並んだ。

3度のフリー走行で安定してハイリズムを刻んだケーシー・ストーナーは7番手。ロリス・カピロッシ、ランディ・ド・プニエ、ジョン・ホプキンスがトップ10入りした。

セッション開始からタイムボードのトップに立つ好パフォーマンスを見せた中野真矢は15番手。ワイルドカードの青木宣篤は18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2008, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›