初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ウエスト、ドライで初のトップタイム

A.ウエスト、ドライで初のトップタイム

初日総合12位のウエストが、ストーナー、ロレンソ、ロッシらを抑えて、ドライコンディションで初のトップタイムを記録。中野は7番手だった。

第17戦マレーシアGPのフリー走行3は18日、セパンで行われ、アンソニー・ウエストがトップタイムをマークした。

気温30度。路面温度35度のドライコンディションの中、初日総合12位のウエストは、2分03秒後半のペースで走行した後、3度目のコースインで、2分02秒116を記録。ドライセッションで初めてトップタイムを刻んだ。

初日3番手だったケーシー・ストーナーは、安定して2分02秒前半のリズムで走行。0.004秒差の2番手に位置すれば、ホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシ、ダニ・ペドロサも2分02秒台のペースで周回を重ねた。

アンドレア・ドビツィオーソは、最終ラップに2分03秒を突破すれな、初日4番手だった中野真矢は、3度目のコースインは2分02秒台のペースを掴んだ。

ロリス・カピロッシ、ニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズがトップ10入り。13番手のクリス・バーミューレンが、トップから0.7秒以内に進出。ワイルドカードの青木宣篤は19番手だった。

Tags:
MotoGP, 2008, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP3

Other updates you may be interested in ›