初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ:V.ロッシは優勝、J.ロレンソは転倒リタイヤ

フィアット・ヤマハ:V.ロッシは優勝、J.ロレンソは転倒リタイヤ

ロッシは今季9勝目を飾れば、ロレンソはセッションのパフォーマンスを再現できず、転倒リタイヤを喫した。

V.ロッシ(決勝レース:優勝)
「ヤマハで走り始めた2004年から、耐え抜いた優勝だから、すごく嬉しい。シーズン9勝目。もちろん、これが来週も勝ちたいという意味ではないけど、この数字が好きだ。」

「今日のレースは暑くて非常に厳しかった。ペドロサの後ろで何度も抜くことを試した。ナイスなバトルだった。周回を重ねて、どこで抜くか理解した。」

「燃えるような暑さだったから、ラスト5周は集中力を維持することに専念した。冬に来た時にいいレースシミュレーションができ、ブリヂストンのスタッフに勝利を約束したから、この優勝は重要だった。」

「250ccクラスのタイトルを獲得した友人のマルコ・シモンセリを祝福したい。」

J.ロレンソ(決勝レース:転倒リタイヤ)
「セッションよりもすごく悪い走りだった。ブレーキングと加速の問題があった。表彰台のオプションがあると思っていたから残念。」

「序盤、タイヤの問題があり、何度も警告があった。転倒は回避できなかった。」

「悪いスタートだったから、困難なレースになると思えた。もし、スタートが良かったら、バレンティーノとペドロサと一緒に走れたかもしれないけど、不可能だった。」

「ランク4位だけを維持するために闘うのは少し悲しいけど、ルーキー・オブ・ザ・イヤーになれるかもしれない。そのためには集中しないと。このタイトルはチームにとって重要だ。」

Tags:
MotoGP, 2008, POLINI MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›