初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、最終戦とテストに挑戦

C.ストーナー、最終戦とテストに挑戦

ランク2位を確保したストーナーは、キャリア初優勝とドゥカティを初テストした舞台で、来季に向けて発進する。

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは、今週末に開催する最終戦バレンシアGPと合同テストに向け、骨折している左手が痛まないことを願った。

ランク2位を獲得したオーストラリア人ライダーは、「ラストレース前には、常にちょっとしたシーズンのバランスをする。今季は何度か浮き沈みがあったけど、僕たち自身を誇りに思うことができる」と、シーズンを総評した。

「チャンピオンシップを勝てなかったけど、僕たちは常に全力を尽くし、常に団結して、戦った。巻き返した。バレンシアでも同じことをしよう。」

ストーナーにとって、今週末の舞台は、2003年の最終戦でキャリア初優勝を飾った思い出のコース。「大好きなサーキット。初優勝を飾っただけでなく、2006年に初めてドゥカティを走らせたところでもある。」

テスト禁止期間までに、合同テストは2回を予定されているが、ストーナーは、左手の手術を受けるため、11月末のヘレス合同テストをキャンセルことは決まっていることから、週明けの合同テストが、来季に向けて重要なテストとなることを理解。「レースの翌日には、GP9をテストする。その時が本当に待ち遠しい。セパンのように手が痛まず、日曜に好リザルトを獲得するため、月曜と火曜にグッドなテストをするために、いい状態で臨みたい」と、抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO PARTS EUROPE DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›