初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.コルテセ&D.エンジャーターが好発進

S.コルテセ&D.エンジャーターが好発進

ランク上位陣が慎重な出だしを切れば、コルテセ、エンジャーターが上位に進出。小山は15番手。中上は19番手だった。

最終戦バレンシアGPのフリー走行1は24日、リカルド・トルモで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度13度。小雨が降るウェットコンディションの中、ドイツ人ライダーが2分02秒309を記録。今季初の一番時計を刻めば、後半戦から頭角を現してきたドミニケ・エンジャーターが自己最高位の2番手に進出。シモーネ・コルシ、リカルド・カルドゥス、ラファエレ・デ・ロサがトップ5入り。ランク2位をコルシと争いガボール・タルマクシは14番手だった。

日本勢では、ワイルドカードの小山知良が1.944秒差の15番手。中上貴晶は2.899秒差の19番手。

王者マイク・ディ・メッリオは、転倒をして36番手だった。

Tags:
125cc, 2008, GRAN PREMIO PARTS EUROPE DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP1

Other updates you may be interested in ›