初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

地元出身A.デボンが暫定ポールポジション獲得

地元出身A.デボンが暫定ポールポジション獲得

地元出身のデボンが暫定ポールポジションを獲得すれば、青山は2番手。高橋は12番手だった。

最終戦バレンシアGPの公式予選1は24日、リカルド・トルモで行われ、アレックス・デボンがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温14度。路面温度14度のウェットコンディションの中、ランク4位のデボンは、転倒を喫したが、1分50秒001の一番時計を記録すれば、セッションをリードした前戦2位の青山博一は0.96秒差の2番手。ミカ・カリオが続いた。

フリー走行1でトップだったマルコ・シモンセは5番手。マティア・パシーニ、フリアン・シモン、イムレ・トース、ルーカス・ペセック、アルバロ・バウティスタ、ファブリツィオ・ライがトップ10入り。

高橋裕紀は、トップから1.957秒差の12番手だった。

Tags:
250cc, 2008, GRAN PREMIO PARTS EUROPE DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP1

Other updates you may be interested in ›