初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「問題が何か解っている」

V.ロッシ:「問題が何か解っている」

王者ロッシは、レースタイヤと予選タイヤで上位陣から引き離されたが、問題点がどこか理解していることを認めた。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、最終戦バレンシアGPの公式予選で10位。今季2度目となるトップ10入りを逃した。

第16戦オーストラリアGPでは、12番グリッドから10人抜きを演じたが、「今シーズンで最悪の1セッションだった。レースタイヤでも予選タイヤでも僕たちは速くなかった。グッドなセッティングがあるだけに残念だけど、ドライセッションですごく苦しんでいる」と、今季最後のタイムセッションを振り返った。

「コーナーで大きくタイムロスしている。スピードを増すため、十分に加速することが難しい。」

「大きな問題を抱えているけど、今日と明日のウォームアップ走行の間で解決し、決勝レースでパフォーマンスを高めたい。僕たちはデータをコントロールしている。問題が何か解っているけど、今はそれを解決しなければいけない。」

ロッシは、通算150戦目となる最高峰クラスの決勝レースで、トップ5入りを果たせば、1シーズンにおける最多ポイント獲得の記録更新となる。

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO PARTS EUROPE DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›