Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ジベルナウ:「初日としては完璧だったと言うこと」

S.ジベルナウ:「初日としては完璧だったと言うこと」

引退していたジベルナウは、最高峰クラスの新規参戦するチームと共に、本格的な準備をスタートさせた。

MotoGPの合同テスト初日は、最終戦の舞台リカルド・トルモで行われ、セテ・ジベルナウが新規参戦チーム、オンデ2000から復帰した。

3年前に現役を引退したスペイン人ライダーは、来季からの復帰に向け、初テストを実施。デスモセディチGP8で52ラップを走行。1分34秒451を記録した。

「他のライダーたちは速すぎる。彼らに追走できるのは一瞬だけだ。みんな何をやるや確かだけど、僕はまだその状況ではない。このバイクで速く走るために、何をしなければいけないのか、学んでいるところ。恐れてはいないけど、このチャンピオンシップのみんながやっていることを尊重する。」

「再び走れて感動的だった。最後に走ってから、3年が経った。長い時間だったけど、すごく楽しかった。」

ジベルナウは、ヘレテとパブロのニエト兄弟を筆頭に、今季レッドブル・KTM・GP125でチーフメカニックを担当したサンティ・エルナンディスらのサポートを受ける。

「僕たちはグッドなプロフェショナル。グッドなグループを形成した。これからは僕たちの仕事を改善して行くために、幾つかのテストが必要だ。」

「一日でも速く走るために、全ての経験と知識を投入する。初日としては、完璧だったと言うことができる。」

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›