初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシア合同テスト2日目

バレンシア合同テスト2日目

来季に向けての初テストの2日目は、路面が完全にウェットコンディションになった15時過ぎから9人のMotoGPライダーたちが走行。ヘイデンがトップタイムを記録すれば、高橋はテストを見送った。

MotoGPクラスの合同テスト2日目最終日は29日、リカルド・トルモで行われ、新天地に移籍したニッキー・ヘイデンがトップタイムを記録。高橋裕紀は走行を見送った。

朝からの断続的な小雨の影響により、路面が中途半端なコンディションとなったため、走行を見合わせていたMotoGPライダーたちは、路面が完全ウェットとなった15時過ぎから、移籍組み、新人組みが中心に、ブリヂストンから供給された1セットのウェットタイヤをテスト。

初日にテストデビューした高橋は、ドライコンディションでの走り込みでMotoGPマシンに慣れさせたいチームの方針により、走行を見送った。

MotoGPは、11月末にヘレスとフィリップアイランドの2つに分かれ、合同テストを行う。

バレンシア合同テスト2日目

1.N.ヘイデン:1分48秒287(20ラップ)
2.A.ドビツィオーソ:1分48秒296(18ラップ)
3.M.メランドリ:1分48秒786(26ラップ)
4.N.カネパ:1分49秒917(25ラップ)
5.M.カリオ:1分50秒275(26ラップ)
6.T.エリアス:1分54秒057(16ラップ)
7.L.カピロッシ:1分57秒322(7ラップ)
C.バーミューレン
青木宣篤

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›