初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIMアワード~250ccクラス

FIMアワード~250ccクラス

シーズン最後のイベント、『FIMアワード』に、シモンセリ、バウティスタ、カリオ、高橋ら今季の主役たちが勢ぞろい。各タイトルの授賞式が行われた。

FIMアワードは26日、最終戦バレンシアGP終了後、バレンシア市内で、各タイトルの授賞式が行われた。

史上最年少王者のランク7位でタイトルを初制覇したマルコ・シモンセリは、同クラス初代王者を称したブルーノ・ルフォ・トロフィーと金メダルを獲得。 さらに、年間最多ポールポジション、ティソ・ポール・オブ・ポールズ賞と合わせダブル受賞した。

昨年の新人王アルバロ・バウティスタはランク2位。2年目のミカ・カリオがランク3位を獲得した。

開幕戦で優勝を飾ったマティア・パシーニが新人王。高橋裕紀は、ファクトリーライダー勢がランク上位を独占した中で、自己最高位のランク5位に入り、ベストプライベートライダーに輝いた。

FIMアワード: 250ccクラス

チャンピオン - マルコ・シモンセリ
ランク2位 - アルバロ・バウティスタ
ランク3位 - ミカ・カリオ
ルーキー・オブ・ザ・イヤー - マティア・パシーニ
ベストプライベートライダー - 高橋裕紀
ティソ・ポール・オブ・ポールズ - マルコ・シモンセリ

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›