初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ、ホンダのファクトリーチームでデビュー

A.ドビツィオーソ、ホンダのファクトリーチームでデビュー

サテライトチームからファクトリーチームへステップアップしたドビツィオーソは、ファクトリーマシンのパフォーマンスに大満足した。

アンドレア・ドビツィオーソは、バレンシア合同テストで、ホンダのファクトリーチームからデビューした。

2002年にチーム・スコットからグランプリデビューしてから、常にホンダを走らせてきた22歳のイタリア人ライダーは、8年目に同サテライトチームから数多くのチャンピオンを輩出してきたレプソル・ホンダに移籍。初テストでニューマチックバルブエンジンを搭載するRC212Vを初ライドした。

「ベストなことがものすごくたくさんあるから、このバイクをテストすることは素晴らしかった。その一つは、フロントの安定感。サテライトには多くの問題があったから、この分野が改善されていることは大満足だ」と、初印象を説明。

「エンジンはパワーがある。満足行くことだ。新しいエンジンに慣れ、理解したい。特にトラクションコントロールと電子制御。まだたくさんのことが理解していない。」

ドライセッションとなった初日は57ラップを走行。ウェットセッションとなった2日目には、18ラップを周回した。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›