初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブルノ、2013年までの延長開催が決定

ブルノ、2013年までの延長開催が決定

2年連続してシーズン最多の観客数を記録したブルノで、グランプリが2013年まで開催されることが決定。延長が決まったサーキットは、今年に入って、6つ目となった。

ドルナスポーツ社は、チェコGPの舞台であるブルノと2年間の延長契約に合意に達し、2013年までの開催を発表した。

2007年に3度目の『IRTAベストグランプリ』に輝いた東欧の舞台は、1965年にチェコスロバキアGPを初開催。以降、毎年グランプリが開催され、チェコとスロバキアが分離した1993年からチェコGPに名称を変更して開催を継続。既に、2011年までの開催が決まっていた。

今年のグランプリでは、決勝レース日に史上最多の入場者数14万6133人を記録。悪天候に見舞われた週末だったが、3日間で、2年連続の最多入場者数を記録する23万9371人がサーキットに駆けつけていた。

チャンピオンシップを統括運営する同社は、今年に入ってから、ロサイリ(2016年まで)、エストリル(2011年まで)、ラグナセカ(2014年まで)、ツインリンクもてぎ(2013年まで)、セパン(2010年まで)とグランプリ開催の延長契約を結んでいた。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›