初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.デニング:「上位陣との差はあまりにも大きいです」

P.デニング:「上位陣との差はあまりにも大きいです」

スズキのデニングは、今季は来季に向けての移行期間だったことを認め、上位陣とのギャップを埋めるために、ウインターテストで大きな前進が必要であることを強調した。

リズラ・スズキのチームマネージャー、ポール・デニングは、最終戦終了後、今季を総括。満足感がないことを認めた。

昨季は、ライダー部門でランク4位とランク6位だったが、今季は、クリス・バーミューレンが8位。加入したロリス・カピロッシはランク10位。チーム部門では、ランク3位からランク5位に後退した。

今季は来季に向けて、移行期だったことを認めた英国人マネージャーは、「我々にとって、1、2度の表彰台では何も感動しません。全ての週末で戦闘的になり、ライダーたちが彼ら自身の最大の能力を発揮するための十分な安定したバイクを準備しなければいけません。この状態に達したと時には満足感を得ることができますが、まだ少し遠いです。懸命に働かなければいけません」と、バイクの戦闘力アップが課題であることを認めた。

「我々のバイクは、グッドなパッケージであることを証明しました。チーム、ライダーは働きましたが、上位陣との差はあまりにも大きいです。バレンティーノ・ロッシから1秒差は非常に大きく、このギャップを埋めるために働かなければいけません。」

「ハードワークを開始するのは今からです。冬の期間に大きなステップアップを果たさなければいけません。スズキはランク8位と10位で終わることに満足しません。ケガをしなければ、もしかしたら、7位と8位になれたかもしれませんが、我々は上位進出に向けて、戦わなければいけません。」

バレンシア合同テストから、来季に向けて始動した同チームは、11月末に豪州フィリップアイランドでテストを行う。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›