初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.クルメンナッハ、デグラーフ・グランプリに移籍

R.クルメンナッハ、デグラーフ・グランプリに移籍

KTMのファクトリーチームから連続参戦していたクルメンナッハは、来季はアプリリアのファクトリーマシンで参戦することが決定。テストを目的として、スペイン選手権に挑戦した。

今季レッドブル・KTMから参戦したランディ・クルメンナッハは、デグラーフ・グランプリ・アプリリアに移籍することが決定した。

18歳のスイス人ライダーは、オランダのチームと来季の参戦に関して合意に達した後、先週末にスペイン選手権第6戦バレンシア・ラウンドにテストを兼ねて、スポット参戦。初めてアプリリアを走らせた。

公式予選では、1分41秒661を記録。コンディションが異なることを無視すれば、最終戦バレンシアGPの際に記録した1分43秒843を大きく上回るだけでなく、3番グリッドのタイムをマーク。

決勝レースでは、トップグループ内で走行中にマシントラブルに見舞われたが、最終戦17位だった時のペース(1分43秒後半)を大きく上回り、ベストラップ1分41秒990を記録した。

「僕にとっては、新しいバイク、新しいチームでのテスト。バレンシアは好きなコースだから、ここからスタートするのはグッドだ。すごく嬉しいし、本格的な仕事を早く始めたい」と、抱負を語った。

「バイクはKTMとは違う。初めてアプリリアに乗ったけど、気に入った。ライディングスタイルを少し変えないと。」

クルメンナッハは、アプリリアから投入されるファクトリーマシンRSAで参戦する。

Tags:
125cc, 2008, Randy Krummenacher

Other updates you may be interested in ›